酒造りのこだわり

kodawari : sake

麹は生き物です。
だから、麹造りも人の手で。

麹菌をふりかけて造る米麹は、酒造りの最も大切な工程。
玉乃光では、この米麹造りも、すべて人の手で行います。
蒸した米に、朴氏の長年の経験と勘によって、麹菌が振りかけられる。
実際に手で触れて、麹菌が増殖しやすい温度を常に保ち、揉みほぐして麹菌の活躍を促します。

写真: 蒸した米麹菌が振りかけられる。麹菌が増殖しやすい温度を常に保ち、揉みほぐして麹菌の活躍を促す。

麹は文字通り生き物です。
昼夜を問わず、大事に大事に育て上げます。
約2日間かけて、製麹質(せいきくしつ)では甘い栗のような香りがただよい、玉乃光の米麹が誕生します。

写真: 麹は文字通り生き物、昼夜を問わず、大事に大事に育て上げる

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。