コラム

column

コラム

column

カテゴリ

お正月に飲むお酒「お屠蘇(とそ)」とは?その由来と作法について

お正月に、お屠蘇(とそ)を味わいますか?
元日に日本酒を飲むことはあっても、お屠蘇を口にする家庭は減っているかもしれません。

現代では、「お屠蘇を飲む」というと、単に日本酒を飲むことを指す場合もありますが、本来のお屠蘇とは、日本酒やみりんに生薬「屠蘇散(とそさん)」を浸け込んだ薬草酒のことをいいます。

お屠蘇を新年に飲むことは、無病息災を願うことでもあります。
次のお正月にも役立つように、お屠蘇のことを紹介していきます。

お屠蘇の由来と語源

お正月にお屠蘇を飲む風習は、中国で始まったとされています。
日本では、平安時代に宮中行事の一つとしてお正月に行われ始め、江戸時代になると庶民の間にも広まったとされています。

「屠蘇(とそ)」と難しい漢字が使われていますが、「屠」は屠(ほふ)ると読み、払うや追い出すことを表します。
「蘇」は邪気をもたらす鬼という意味があり、「屠蘇」は鬼退治のことになります。
もう一つの解釈として、邪気を払う「屠」と蘇(よみがえ)るの組み合わせで、邪気を払って魂となる力の源を目覚めさせるという解釈もあります。
いずれも、新しい一年の始まりに無病息災や健康長寿の願いを込めていただく祝い酒ということです。 

お屠蘇とは


お屠蘇は、「屠蘇散(とそさん)」という漢方薬にも使われる生薬を日本酒とみりんに浸したものです。
屠蘇散には、5~10種の生薬が含まれていますが、代表的なものをみてみましょう。

・白じゅつ(びゃくじゅつ):キク科の植物の根。利尿作用や健胃、鎮静の効能。
・山椒(さんしょう):山椒の実をつぶしたもの。抗菌作用や健胃の効能。
・桔梗(ききょう):桔梗の根。鎮咳去痰作用、鎮静作用。
・肉桂(にっけい):シナモン。発汗・解熱作用、健胃、鎮静の効能。
・防風(ぼうふう):セリ科の植物の根。発汗と解熱作用、抗炎症の効能。

胃腸の働きや血行を良くし、体調を崩しにくいようにするためということが分かります。
ここに加えて、日本酒やみりんには、ブドウ糖やアミノ酸が含まれ、アルコール分が血行を促進させます。
無病や健康を願うにふさわしいものですね。 

お屠蘇をいただく作法について

お屠蘇をいただく時には、作法があります。
若水(わかみず)という元旦の早朝一番に汲んだ水で身を清め、初日の出や神棚、仏壇を拝んだ後に家族そろって新年の挨拶を交わします。
そして、東の方角を向いてお屠蘇をいただきます。
かつては、一つの盃を使い、若いものから順番に飲み、最後に長老が若い人の精気も受け取るように飲みました。
正月三が日の来客にも、まずはお屠蘇をすすめ、新年の挨拶をしてから、おせち料理や雑煮をいただきます。
運転をする人、未成年の家族は飲むふりをするだけにしましょう。

家庭でも、美味しい日本酒とみりん、屠蘇散を使ってオリジナルのお屠蘇を作ってみてはいかがですか。
日本の伝統行事の一つとして、家庭で代々伝えていきたいものです。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。