コラム

column

コラム

column

カテゴリ

しぼりたての日本酒を飲んでみよう!

日本酒は一年を通して楽しめますが、季節ごとに楽しめる、季節限定の商品があります。
今回は冬の季節限定の、新酒「しぼりたて」についてご紹介します。

【しぼりたてとは?】

「寒造り」といい、多くの酒蔵で日本酒は冬に造られます。
凍えるような寒さの中、甑(こしき)が湯気をあげ、ほのかに甘い麹の香りが漂う蔵の中で、秋に穫れたばかりの新米で仕込まれた新酒が出来上がります。

このできたて・搾りたてのお酒を、そのまま瓶詰めしたのが新酒の「しぼりたて」です。
通常日本酒は、出荷前に二度「火入れ」を行ってから出荷されます。

「火入れ」とは日本酒の製造工程の一つで、60~65度くらいの低温で殺菌を行うことです。
酵素の働きを止め、微生物を殺菌して、酒質を安定させ保存性を高めます。

一般的な日本酒は、もろみをしぼった後と、貯蔵・熟成後びん詰めの前に2度行います。
「火入れ」を全くしないで出荷するものを「生酒(なまざけ)」と言います。
「しぼりたて」は、しぼりたてのお酒のフレッシュ感を大切にするため、火入れをしないまま、瓶詰めします。

そのため、できたてで若いままの、フレッシュでみずみずしく爽快な味わいが特徴です。
冬から、春めいてくる頃まで楽しめる、寒い季節にぴったりの旬の味わいです。
フレッシュでライトな日本酒がお好きな方は、ぜひしぼりたての新酒の味わいを試してみてください。

【しぼりたての楽しみ方】

「しぼりたて」の新酒は、キリッと冷やして飲むのがおすすめです。
「しぼりたて」はアルコール度数の高いお酒が多いので、氷を入れてロックで飲むのもおすすめです。
お酒をよりおいしく楽しむためには、おつまみ選びが重要です。
おすすめは旬の食材と合わせることです。

「しぼりたて」ならではのフレッシュでみずみずしく爽快な味わい。
また酸味が程良く、ほのかに香るフルーティーさが、食材そのものが持つ美味しさを際立たせます。
冬場にもっとも脂がのるといわれている寒ブリ、マグロなどの魚介類は、爽快な味わいの「しぼりたて」との相性が抜群です。
ついこの間までお米だったんだなぁ、と考えながら飲むとおいしさや蔵元への思いが一層強まるかもしれません。

「しぼりたて」の新酒は火入れを全くしない生酒のため、とてもデリケートなお酒です。
香りや味わいが変化しやすいため、冷蔵庫で保管し、開栓後はできるだけ早く飲み切ることをおすすめします。

この機会にぜひ、「しぼりたて」のフレッシュな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか!
今まで日本酒が苦手の方でも、「しぼりたて」はみずみずしく爽快な味わいで飲みやすいので、おすすめですよ。

純米吟醸 晩秋のできたて出荷の日本酒 720ml×2本組 3,256円(税込、送料無料)

https://www.sake.com/products/detail.php?product_id=115

こちらの商品は、受注締切後に、上槽(※1)、瓶詰めをして出荷します。
精米から出荷まで、一貫して自社で行う玉乃光酒造だからこそできる、特別商品です!
滋賀県産の美山錦を100%使用した、新米の新酒です。

搾った後に火入れを一切行わない“生原酒”なので、賞味期限は1週間と短いですが、
酒蔵の垂れ口(※2)の味を堪能していただけます。

晩秋にだけ味わえる、期間限定の味です。
なお品質保持のため、クール便にてお届けします。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。