コラム

column

コラム

column

カテゴリ

料理酒と日本酒の違いとは?日本酒を使うのに向いた料理について

冷やでよし、燗にしてよしの日本酒は、飲み残したり、開栓して少し古くなってきたりすると、
料理酒代わりに料理に活用するのがオススメです。
料理によっては、むしろ料理酒を使うよりも日本酒を用いた方が、よりおいしくなるものもあります。

ところで、料理酒の定義とは何なのでしょうか?そして、料理酒と日本酒との違いは?
詳しく知って、ぜひ料理に生かしてみてください。

日本酒と料理酒の違いとは?

日本酒

・日本酒とは?
日本酒と料理酒の違いに入る前に、「日本酒とは何か?」について、おさらいしておきましょう。
日本酒とは、米・米麹・水を主な原料として、日本国内でつくられた清酒のことをいいます。

・料理酒とは?
スーパーなどで安価に売られている一般的な料理酒は、日本酒に塩分を加えたものです。
塩分を加え、そのままでは飲めなくすることで、酒税法の適用範囲からはずれて安く買えるようになっています。

・「料理酒」と「日本酒プラス塩」は同じ?
塩分の多い料理酒は、しょっぱくて飲むことができません。
一方、日本酒は料理にも使えます。
一般的に、あまり日本酒を料理に使わない理由は、「料理用には安価な料理酒があるのに、
日本酒を使うのはもったいない」ということがほとんどです。
値段だけがネックであるなら、料理酒の代わりに日本酒と塩を使っても問題ないということになります。

日本酒と料理酒、料理にはどちらがオススメ?

・「料理酒」の方が優れている点
料理酒は、酒税法の分類では、お酒に当たりません。
そのために、安価で気軽に使えることが一番の利点です。

・「日本酒」の方が優れている点
料理酒には、塩分のほかに、甘味料・酸味料・調味料などが加えられたものもあります。
余分な添加物を加えず、料理に好みの味付けをするためには、日本酒の方が優れているともいえます。
また、塩分は浸透圧が高く、長く料理酒につけておくと、素材の旨味が外に逃げてしまうことがあります。
素材の旨味を閉じ込めたい料理の時には、日本酒を使うほうが良いでしょう。
素材自体のおいしさをくっきりと味わうためにも、料理に日本酒を使うのはオススメです。

料理酒よりも日本酒を使うのに向いた料理は?

アサリの酒蒸し

塩味をあまり強くつけたくない料理は、料理酒よりも日本酒を使う方がよいでしょう。
また、お酒を多めに使う料理の場合は、料理酒を使うと、余分な添加物もたくさん加わることになるため、
日本酒を使い、他の必要な味付けを加えていく方が澄んだ味わいの料理になります。

日本酒を使った美味しい料理の筆頭が、「アサリの酒蒸し」です。
美味しい日本酒を使った酒蒸しは、風味が良く、アサリそのものの味わいが良くでます。
また、日本酒の効果を一番発揮できる料理は煮物です。
素材を柔らかくし、味を染み込みやすくできるため、「豚の角煮」などには適しています。
さらには、料理初心者には難しい「煮魚」も、日本酒を使えば簡単にできます。
日本酒の効果で、魚の臭みを消して、煮崩れを防ぎ、煮汁が染み込んだ煮魚に仕上げることができます。
日本酒を料理に使う場合は、高級なものよりも手頃な値段のものの方が向いているでしょう。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。