コラム

column

コラム

column

カテゴリ

知らないと危険?酒アレルギーについて

「酒アレルギー(アルコールアレルギー)」というものがあることを、ご存じでしょうか。
近年、食物アレルギーを発症する人が増えていますが、
実は食品だけでなく、アルコールでもアレルギー反応を起こすことがあります。
今回は、酒アレルギーについてご紹介します。

酒アレルギー(アルコールアレルギー)とは?

お酒

酒アレルギー(アルコールアレルギー)とは、その名の通り、お酒によるアレルギー反応を起こすことです。
飲酒はもちろん、アルコールが肌に触れたり、お酒の含まれた食品が原因で症状が出ることもあります。
酒アレルギーの人は、体の中のアルコールを分解する脱水素酵素を持っていないため、アルコールを分解できません。
症状には、以下のようなものが挙げられます。

  • 肌が赤くなる
  • 肌や口の中のかゆみ
  • じんましん
  • 下痢
  • 喘息
  • くしゃみ
  • 鼻水

これら全ての症状が出るというわけではなく、お酒を飲んだ時に気になる症状がこの中にひとつでもあれば、
酒アレルギーの可能性があります。
酒アレルギーは、日本人の約50%の人が持っているともいわれています。

単純に、お酒に弱い体質というわけではありません。
重度の場合は、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあり、知らないでお酒を飲むと非常に危険です。

酒アレルギーの診断は?

パッチテスト

酒アレルギーの疑いがある場合、病院でパッチテストを行ってもらうことが可能です。
腕の内側など、皮膚が薄い場所にアルコールを少量塗布して、様子を見ます。
このパッチテストで、皮膚が赤くなるなどの反応が見られる場合、酒アレルギーであると診断されます。

似たような方法で、自己診断をすることもできます。
絆創膏のガーゼ部分に、アルコールを垂らして皮膚に貼ります。
15分程で絆創膏を剥がし、赤くなっていれば酒アレルギーである可能性が高いです。
気になる方は、一度試してみてください。

ただし、アルコールに対するアレルギー反応の場合と、食物アレルギーからくる反応の場合と、
2パターンがあるので注意が必要です。

食物アレルギーと酒アレルギーの関係

柑橘系の果物

お酒に使用される米や麦、果物に反応してアレルギー反応を起こすこともあります。
例えば、ビールなら麦、米焼酎や日本酒には米。
ワインや果実酒などには、果物が使用されています。
これらの食品や含まれている添加物に反応して、アレルギー反応を起こすケースもあるため、注意が必要です。

アレルギーは、最悪の場合、命を落とすこともあり、決して甘く見てはいけないものです。
自分の体質をよく知ること、お酒への適性をしっかり見極めることも大切です。
また、人に無理にお酒を勧めたりしてはならない理由には、このようなアレルギーの問題も大きな理由です。
疑わしいときは病院で検査を受け、正確な診断を仰ぎましょう。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。