コラム

column

コラム

column

カテゴリ

日本ならではの酒器の歴史と珍しい器

みなさんお酒を飲むときには、ぐい呑みを使いますか?それともグラスですか?
徳利から盃に、お酌されるのもいいですし、一升瓶からグラスに注ぐのも、日本酒ならではの、
味わいのシーンでしょう。
日本には、お酒を神様に供えるという伝統があり、そのために考えられた酒器があります。
今でも私たちが、手にすることのある酒器の歴史と、珍しい日本らしいお酒の器を紹介します。

「徳利(とっくり)」

徳利

お酒を入れるものとして、「徳利(とっくり)」があります。
注ぎ口の近くが細くなり、ここをお酒が通る時に「とくりとくり」と音がすることから、「とっくり」と
言われるようになったという説、ハングル文字で酒壺の意味「トックール」から、と諸説あります。

徳利を「お銚子(おちょうし)」と言うこともありますが、古くは、樽に入ったお酒を宴の席で、大勢に配るために、長い柄のついた、ひしゃくのような形のものを「銚子(ちょうし)」と言いました。
神に仕える巫女が、民へお酒を配るために儀式で使われるものですが、今でも三々九度(さんさんくど)などでも
使われています。

また、徳利は神棚にお酒を供えるための「瓶子(へいし)」が変化したもので、瓶子は、素焼きのシンプルな形の
ものでした。
それを陶製として、樽からの量り売りで持ち帰るためや保存用として使われ、卓上サイズにあわせて小さくなり、
徳利として庶民でも使われるように広まりました。

「お猪口(おちょこ)」と「ぐい呑み」

お猪口

口をつける器というと、「お猪口(おちょこ)」と「ぐい呑み」があります。
地域によって、呼び方の違いだけ、と考えることもありますが、お猪口は、ちょっとしたものを意味するという説も
あり、ぐい呑みよりも小さく、一口で飲み干せるほどの量が入る盃のことをいいます。
ぐい呑みは、お猪口よりも大きく、三口ほどで飲むような量が入るものです。

遊び心を加えたお猪口では、日本酒や焼酎を飲むためのもので、小さな穴の開いたものがあります。
酒好きが多い土佐では、「べくはい」とよばれ、薩摩では「そらきゅう」といって独楽(こま)のような形を
しています。
穴が開いたものは、そこを指で押さえるようにして、盃をもち、注がれたお酒を飲み干すまでは、盃から手を離すことができません。
また、「そらきゅう」は不安定な形なので、同じように飲み干すまでは、卓に盃を置くことができません。
しかし、その場に居合わせた者同士が、楽しく酒を酌み交わすための盃という、一面ももっています。
今でも、おもてなしと、お酒の楽しみとして使われているところもあります。

また、陶器や錫(すず)で作られた盃で、外は鬼の形相、内側には福が描かれた酒器があります。
「鬼は外、福は内」を形にしたもので、縁起の良いぐい呑みでもあり、日本的なので、外国の方への贈り物などにも
おすすめです。

酒器にこだわって、お酒を粋に味わうのもいいですし、酒器をコレクションしてみる、というのも
贅沢な楽しみかたですね。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップは
お酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。