コラム

column

コラム

column

カテゴリ

燗酒の温度の目安を知ろう!

肌寒くなると恋しくなる燗酒。
ちょっと口に含めば、たちまち体が温まり、ポカポカと良い気分になりますね。
そんな燗酒ですが、温度によって呼び名が変わることはご存知でしょうか?
それぞれの温度帯とともに、日本酒がどのように感じられるのか見ていきましょう。

温度によって変わる燗酒

温度目安

ほんのり温かいくらいのものから、とびきり熱いものまで、温度を
変えるだけで様々な楽しみ方ができます。
また、上手くお燗をするには湯煎がベストです。
沸騰したお湯に、容器(徳利など)に入れた日本酒を浸けて、温度を調節します。

・とびきり燗:55度前後
徳利自体がかなり熱いので、持つときには注意する。
香りやアルコールの感じを強く感じるようになり、より辛口な味わいとなる。

・熱燗(あつかん):50度前後
徳利の底がかなり熱くなる。
香りはよりシャープに感じられ、風味にキレが出てくる。
ほどよく体が温まるので、寒い日におすすめ。

・上燗(じょうかん):45度前後
徳利の口付近や注いだお猪口からほんのりと湯気が上がれば上燗のできあがり。
香りや風味が引き締まって感じる。
飲んだ後に旨味の余韻がほど良く感じられる。

・ぬる燗:40度前後
徳利の底を触った時に手を離さないでいられる程度の温かさを感じるくらいの温度。
米や米麹の香りをより感じることができる。
コクも増してくるので、より味わい深くなる。

・人肌(ひとはだ)燗:35度前後
文字通り人の体温くらい。徳利の底を触った時にほんのり温かく感じる程度。
米や米麹の香りがふわっと膨らむ。
口当たりも良く、飲みやすいので、燗酒初心者におすすめ。

・日向(ひなた)燗:30度前後
徳利を触った時にほとんど熱さを感じないくらいの温度。
ほんのり温めることにより、香りや味を少し引き立たせ、口当たりが少し柔らかくなる。

基本はお好みで、蔵のおすすめも参考に

お酒の楽しみ方は人それぞれ。
冷で飲みたいときは冷酒にすればいいですし、燗酒が飲みたいときはお好みの温度に温めることもできます。
日本酒は世界的にも珍しい、冷やしても温めても楽しめるアルコール飲料です。
ホットビールやホットワインなどもありますが、日本酒はより日常的に幅広い温度帯で飲むことができるので、珍しいそうです。
せっかく様々な飲み方ができるのなら、自分の好みの温度帯を見つけてみるのも楽しみの1つですよね。

でも、「初めて飲む日本酒で、どのくらい温めていいか分からない」ということもありますよね。
そんなときは、蔵のおすすめを試してみてはいかがでしょうか?
最近では、日本酒のラベルにおすすめの飲み方を記載している蔵も増えてきました。
その蔵ごと、日本酒ごとにおすすめの飲み方は違ってきますので、日本酒を飲む際にはラベルにも注目して
楽しんでみてくださいね。

ちなみに、当蔵では日本酒の裏ラベルにこのように記載している商品もあります。
目安としてお召し上がりいただければと思います。

パッケージ

「純米大吟醸だから冷酒じゃなきゃいけない」なんてことはありません。
良いお酒というのは、燗をしても冷やしても美味しいものです。
お酒の中に含まれる成分である「コハク酸」は温度を上げることにより旨味を感じるようになります。
「コハク酸」はアサリやハマグリ等の貝類を使ったお吸い物と同じ旨味成分です。
また、「乳酸」は冷やすと渋味を感じますが、温めるとまろやかな味となります。
このことにより、お燗をするとお酒の味が旨味を増し、まろやかに感じられるのです。

おでんと熱燗

ひと手間加えることで日本酒の楽しみの幅はぐっと広がります。
普段は燗酒を飲まない人も、是非一度試してみてくださいね!

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップは
お酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。