コラム

column

コラム

column

カテゴリ

日本酒と一緒に飲む「和らぎ水」の効果とそのオススメ

日本酒に限らず、アルコールを飲む時に、水を一緒に飲むと酔いにくい、といったことを聞いたことはありませんか?
このアルコールを飲む際に、少しずつ飲むお水のことを「和らぎ水(やわらぎみず)」といいます。
洋酒を飲む時に、「チェイサー」と呼ばれるミネラルウォーターをショットグラスに添えて出してくれますよね。
これと同じで、日本酒には「和らぎ水」をあわせます。
日本酒を提供するお店では、日本酒とあわせて出してくれるところも増えてきています。

和らぎ水の効果

ロック割

この和らぎ水があると、どんな効果があるのでしょうか?
主に、二日酔いを防止するためと、酔いによる脱水症状を抑えるために効果的です。
お酒だけを飲み続けていると、体内のアルコール濃度が高くなり、肝臓がアルコールを分解しようと働きますが、
肝臓が分解しきれない量のアルコールが体内に残ると二日酔いになります。
そこで、和らぎ水を飲むことで、体内のアルコール濃度を和らげ、肝臓への負担、二日酔いを軽減します。

また、アルコールを飲むとトイレが近くなる人も多いですが、これはアルコールの利尿作用によるものです。
トイレに行けばスッキリとして、また飲むということもありますが、尿とあわせて体内の水分も
排出してしまっています。
こうなると、体は軽い脱水状態になってしまいます。
これを防ぐためにも、和らぎ水で体に必要な水分を補う役割も果たしてくれます。

和らぎ水のある酒席を定番に

マスと麦

日本酒を飲んでいて、銘柄を変えるときには、口の中をいったん洗い流すという意味でも、和らぎ水が活躍します。
和らぎ水を挟むことにより、より一層、次のお酒の個性を味わうことができます。
食事をしているときには、お酒を合わせることで、料理の味わいを引き立てることもありますが、
口のなかに残った食材の油分や日本酒の香りを、和らぎ水を一口飲むことで、次の料理の繊細な味わいも、
より楽しめるようになります。

宴会などで、アルコールが続く時には、1杯飲んだら、水を1口飲む、といった気持ちで和らぎ水を
手近においてください。
体のためにも、日本酒や食事の旨味を堪能するためにも、和らぎ水のある酒席を定番にするのがオススメです。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。