コラム

column

コラム

column

カテゴリ

日本酒と昔話

日本酒は古くから神聖なものとされ、様々な伝説や昔話に登場します。
今回は、そんなお話の中から特に有名なものを簡単に紹介したいと思います。

ヤマタノオロチ退治

ヤマタノオロチは8つの頭に8本の尾を持ち、腹は真っ赤な血でただれ、体は8つの丘と8つの谷にまたがるほどの
大蛇の怪物です。
このヤマタノオロチは、『日本書紀』や『古事記』などに伝説として語られています。

神々が住んでいる高天原(たかまがはら)を追放されたスサノオノミコトは、降り立った出雲国で怪物・ヤマタノオロチに怯えている夫婦とその娘に出会います。
夫婦には8人の娘がいましたが、毎年一人ずつヤマタノオロチに食べられてしまい、とうとう最後の一人に
なってしまったと言うのです。
スサノオノミコトは、その娘との結婚を条件に怪物退治を請け負うことにしました。
8回も醸造を重ねた強い酒を夫婦に用意させたスサノオノミコトは、それを8ヶ所に設置して
ヤマタノオロチが来るのを待ちました。
ヤマタノオロチはやってくるや否や、8つの頭でグビグビと豪快に酒を飲み干して、遂にはいびきをかいて眠って
しまったのです。
これを待っていたスサノオノミコトは十束剣(とつかのつるぎ)でバラバラに切り刻み、見事ヤマタノオロチを
退治したのでした。
この時、切り刻んだ尾から出てきたとされる大刀が、かの有名な天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と
言われています。

酒呑童子退治

酒呑童子は、平安時代に大江山を拠点として、京都で悪行の限りを尽くしていた
鬼の頭領です。
酒好きだったことから配下に酒呑童子と呼ばれ、誘拐した貴族の若い姫君の血肉を
肴に大酒を飲んでいたとされます。
酒呑童子のお話は『大江山絵詞』(おおえやまえことば)、
『御伽草子』(おとぎぞうし)などで語られています。

都で暴れ続ける酒呑童子たちに耐えかねた時の帝は、源頼光(みなもとのらいこう)と
頼光四天王(渡辺綱(わたなべのつな)、坂田金時(さかたきんとき)、
碓井貞光(うすいさだみつ)、卜部季武(うらべのすえたけ))に
討伐の命を下しました。
山伏に扮して大江山に向かった頼光たちは、鬼たちから様々な詰問を受けましたが、なんとか取り入ることに
成功しました。
その夜、宴席で出された人肉や生血を口にすることで信用を得た頼光は、用意していた毒酒を銘酒と偽り、
鬼たちに振る舞ったのです。
毒が回って体が動かなくなった酒呑童子は首をはねられ、京の都は平和を取り戻したのでした。

この酒呑童子の配下にいた茨木童子(いばらぎどうじ)が実は逃げ延びて、後に渡辺綱と羅生門で対決したという話も
残っています。
茨木童子と羅生門については以前にこちらの記事で少し触れています。
羅生門と平安京

恐ろしい妖怪退治のエピソードがある一方、こんな心温まるエピソードもあります。

養老の滝

養老の滝(ようろうのたき)は岐阜県養老郡養老町にある、名水百選にも
選ばれている落差32m、幅4mの滝です。
この実在する滝にまつわる伝説は『古今著聞集』(ここんちょもんじゅう)、
『十訓抄』(じっきんしょう)などで語られています。

奈良時代の美濃国の山奥に、源丞内(げんじょうない)という貧しい若者が、
盲目の老父と一緒に暮らしていました。
稼ぎの少ない薪拾いの仕事をする源丞内は、いつか父に大好きなお酒をたらふく
飲ましてあげたいと思っていました。
ある日、山の中で足を滑らせ転び落ちた源丞内は、甘い香りが漂う小さな泉を
見つけました。
不思議に思って湧き出る水を舐めて確かめたところ、それは水ではなく、なんとも美味しいお酒だったのです。
孝行息子の源丞内は天に感謝してお酒を汲んで帰り、
父をたいそう喜ばせたのでした。
この不思議な泉は評判になり、老人を養うことから「養老の滝」と
名付けられました。
時の帝にまでこの話は伝わり、甚く感動して年号を養老に改められたとも
伝えられています。

昔も今も、お酒に関するエピソードは面白いものが多いですね。

養老の滝

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。