コラム

column

コラム

column

カテゴリ

お酒を嗜むときのマナーについて

仕事関係の方や目上の親戚とお酒を飲むことはありますか?
家族や親しい仲間、一人で飲む時には気にしていないことでも、目上の方やかしこまった宴では、お酒を嗜むマナーも見られています。
一緒に飲む人たちに不快な思いをさせず、楽しいお酒の席になるよう、基本的なお酒のマナーを確認しましょう。

ビール、ワイン、日本酒などお酌する時の共通マナー

ビールで乾杯

ビンやボトルに入っているものを注ぐ時の基本マナーは、
相手の前からか注ぐ相手の右隣りから注ぎます。
瓶ビールやワインボトルなどラベルがついているものは、ラベルが
上面になるように握ります。
ボトルや徳利で注ぐ時には、手のひらが上に向くように手首を
ひねって傾けるのは失礼にあたるので、手の甲が上に向くように
気を付けます。
片手で握り、もう片方をボトルや徳利の下側を支えるように
添えます。

ワインの場合、ソムリエは片手で注ぎますが、慣れない場合は
両手で持ち、ボトルを落としたりしないようにしてください。
注ぎ終えるときに、ボトルや徳利を少し向こうへ回すようにすると、口部分でアルコールが切れ、雫が垂れにくく
なります。
2杯目以降は、グラスが空になってから注ぐ方が、お酒の味も分かってベターです。
グラスに少量のお酒が残っている時には、「いかがですか?」と声をかけてから注ぎ足します。

日本酒の注ぎ方、注がれ方

日本酒

宴会での日本酒は、徳利や小さなビンに入ってテーブルに並ぶことが多くあります。
注ぐ時には、徳利が相手の盃に触れないように、少し上から静かに
注ぎます。
徳利を勢いよく傾けると、お酒が一気に流れ、小さな盃をすぐに
満たして、こぼしてしまうことになるので、静かに注ぎます。
日本酒の量は、盃の八分目を目安に注ぎます。

注がれる方は、盃を手に持ちます。
テーブルの上に置いたままでは失礼です。
右手で盃を持ち上げ、左手も盃を支えるようにします。
年齢や立場が上の方なら片手でも構いませんが、「ありがとう」
「いただくよ」などの一言を伝えると好印象です。

こんな時にはどうする?

ビールで乾杯

・「手酌でいいよ」と言われたら場合
最初の1杯は注ぎましょう。
年に数回、宴会を共にするような間柄や、自分のペースで日本酒を味わう人と分かり合っている間柄なら、
無理にお酌する必要はありません。
ただ、接待や久しぶりに会う相手には、「お酌させてください」「お話しも聞きたいので」などと声をかけて、
お酌するのが大人のマナーです。

・もう飲めないけど、断りづらい場合
取引先や上司、先輩からお酌されていると、断りにくいこともあります。
そんな時には、お酒が弱いことを伝え、「この1杯だけいただきます」とお酌を受ける方が得策です。
少し口をつけたら、盃やグラスはテーブルに置いておきます。
反対に、「私は弱いですが、お酌は得意です」などと相手に飲んでもらうような会話ができれば上級者です。
お酒とあわせて食事するだけでなく、水も飲むようにすると体への負担が減ります。

お酒を飲むと、アルコールで緊張がほぐれ、一緒に飲む人同士の距離を近づけてくれます。
周りへの気遣いと自分のマナーにも心を配って、その酒席にいる誰もが心地よくお酒を味わえるように、
お酒を楽しんでください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。