コラム

column

コラム

column

カテゴリ

日本酒の味は4種類?それぞれの特徴をつかんでみよう!

皆さんは、一口に日本酒といっても、味わいによって4つのタイプに分けられることをご存知ですか?
よく「辛口」や「甘口」といった表現がされる日本酒ですが、香りの強さや味わいの濃さによって4つのタイプに
分けることができます。
今回は、熟酒・醇酒・薫酒・爽酒の4つのタイプを詳しくご紹介しましょう。

熟酒(香りが強く、濃い味わいの日本酒)

「熟酒(じゅくしゅ)」と呼ばれるタイプは、強い香りと濃い味わいが特徴の
タイプです。
搾ってから何年も熟成させた古酒や長期熟成酒がこれにあたります。
とても濃厚な味わいで、香りも強く、とろみのある甘味や豊かな酸味、
複雑な旨みを感じることができるため、ゆったりと楽しむのがオススメです。
お酒自体の個性も強いので、濃い味の煮込み料理や脂の多い料理と合わせてみて
ください。

日本酒と焼き鳥

醇酒(香りが穏やかで、濃い味わいの日本酒)

「醇酒(じゅんしゅ)」は、熟酒に比べて香りが穏やかですが、しっかりとした
米の味を感じることができます。
純米酒や山廃(やまはい)・生酛(きもと)系の純米吟醸酒が醇酒にあたります。
口に含むと、ごはんやお餅のようなふっくらとした香りが口いっぱいに広がり
ます。
香りが穏やかなので、どんな料理にも合わせやすく、食中酒として楽しむのに
最適です。
ぜひいろいろなお料理と合わせて楽しんでみてください。
濃厚な味わいなので、チーズなどのクセのある食材やアクの強い食材とも相性が
良いとされています。

チーズ

薫酒(香りが強く、淡麗な味わいの日本酒)

「薫酒(くんしゅ)」は、香りが強く、さっぱりとした味わいの日本酒です。
吟醸酒や大吟醸酒といった香りが華やかなタイプが薫酒にあたります。
果物のような香りや、花のような香りが感じられるものが多く、中には日本酒と
いうよりも白ワインのような感覚で飲めるものも少なくありません。
甘口のものから辛口のものまで、バリエーションが多いのもポイントです。
香りが強いので食中酒として楽しむのには向きませんが、比較的繊細な味わいの
料理であれば合わせやすいタイプの日本酒です。

シーフードサラダ

爽酒(香りが穏やかで、淡麗な味わいの日本酒)

「爽酒(そうしゅ)」は香りが穏やかで、すっきりとした味わいが特徴です。
生酒や生貯蔵酒、低アルコール酒などがこのタイプです。
香りは穏やかとされています。
シンプルな味わいなので、日本酒ビギナーから日本酒通まで万人受けする味わいのものが多く、最も広く市場に出回っているタイプです。
淡白な味わいの料理と合わせることで料理を引き立ててくれるので、
素材の美味しさを感じられる料理と合わせてみてください。

日本酒とだし巻き卵

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。