コラム

column

コラム

column

カテゴリ

徳利(とっくり)のことを知ろう!

寒い季節が訪れて、温かな湯気の漂う「燗酒」が恋しくなって参りました。

熱で気化した日本酒の香りに包まれて、じんわりとぬくもりたいものです。

そんな燗酒をいただくときに欠かせないアイテムがあります。
「徳利」(とっくり)です。
手になじむ形、熱を逃がさない作り、などなど燗酒を楽しむための創意工夫の塊です。

ところがこの徳利ですが、昔は呼び方が違ったり、用途が違ったりと、

最初からずっと日本酒の相棒というわけではなかったようです。

冬の日本酒ライフに必須のアイテム、徳利の意外な一面に注目してみます!

【徳利の歴史】

徳利は「瓶子」(へいし)と呼ばれたものが変化した、とされています。
瓶子は平安時代からあったもので、神様へお酒を捧げるために使われました。
これは今でも儀式用として残っており、神社などで見かけることもあるかと思います。

室町時代以降、陶磁器が一般に広まりだして貯蔵の用途でも使われるようになりました。
お酒だけではなく、醤油・油・酢などを大量に保存していたようです。
今のように片手に収まるサイズではなく、2升~3升とかなり大きなものでした。

お酒は大きな徳利から、急須の形をした「お銚子(おちょうし)」へ移し替えられ、そこからお猪口へ注ぐ、というのが一般的だったようです。
現代では「徳利」と「お銚子」は同じお酒を入れる陶磁器を指しますが、この時代では形の違う別のものだったのですね。

江戸時代以降に陶磁器が大量に生産できるようになると、やがて小さな徳利が普及し始めます。
小型化したことで使いやすくなり、わざわざ移し替えをすることなく徳利から直接お酒を注ぐようになりました。
現代で親しまれる徳利の誕生です。

【徳利の由来】

徳利の元となる呼び方「とくり」が生まれたのは、室町時代後半とされます。
こちらの由来ですが、現在これと定まったものがありません。
主な説といえば、
・トクリトクリ、や、トックトック、などお酒を注ぐ音から由来。
・トックールという外国の酒壺から転じた。
・見た目より多くのお酒が入るので、「得となる」「利となる」ことから。
など様々なものが挙げられます。

【徳利で楽しむ日本酒】

小さくなった徳利は、現代でも変わらず親しまれる日本酒の相棒となりました。
それは徳利へお酒を入れることに、たくさんのメリットがあるからです。

胴にゆとりのある丸い形は、お酒の香りをやさしく閉じ込めてくれます。
おかげで、お猪口にお酒を注ぐまで香りが逃げずに、飲む時にもお酒の豊かな香りが楽しめるのです。
また燗酒を楽しむ際にも、徳利に移し替えて湯煎をすればお酒全体に均一に熱が伝わります。
温度ムラなく、じわりと温められる燗酒が長く味わうことができるのです。

とっておきのお酒を徳利に移して、じっくり湯煎し、その風味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

美味しい燗酒を楽しみたい!温度の目安のコラムはコチラ!
↓↓↓
燗酒の温度の目安を知ろう!

燗酒の温度の目安を知ろう!

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。