コラム

column

コラム

column

カテゴリ

三々九度を知ろう

結婚式で行われる三々九度(さんさんくど)。

厳粛な気持ちで新郎新婦が盃のお酒を口にするものですが、本来の意味はどんなものなのでしょうか。

三々九度は神前式の結婚式で行われる儀式の一つです。

「三献(さんこん)の儀」ともいわれます。

室町時代からの歴史があり、戦国時代までは武士が戦に出陣する前に行っていた儀式でした。

大将がこれからの戦に勝つよう願い、あわびをくり抜いた打ちアワビを食べて酒を口にし、

勝ち栗を食べて酒を口にし、最後に昆布を食べて酒を飲み干すという「一献二献三献」という儀式がありました。

これは、敵を打ち・勝ち・喜ぶという意味があり、酒には三度口をつけていました。

この三度口をつけて三回酒を飲む部分が三々九度に受け継がれています。

戦がない世になると、おめでたい儀式でも行われ、江戸時代になり庶民にも広まり、婚礼の儀式として現代に受け継がれています。

そもそもお酒は「栄え」と邪気を「避け(る)」という意味があるとされます。

そのため、お正月のお屠蘇、ひな祭りの白酒、神社で参拝する際のお神酒などは、

繁栄を願い邪気を祓うためにいただきます。

結婚式でいただくお神酒は、夫婦固めの盃として二人がこれからの人生を共にするという誓いと、

親族同士の絆を固める意味が込められています。

三々九度に用いられる盃は、大きさの違う大・中・小の三枚です。

小さいものは過去を表し先祖への感謝、中くらいの盃は現在を表し、結婚する二人が力を合わせて生きていく誓いです。

大きな盃は未来を表し、子孫繁栄と両家の繁栄への願いがこめられています。

三枚の盃は、大きな天の基に地があり、その上に人がいるということで、

大きな盃から重ねて、天・地・人を意味しているともいわれます。

本来の手順は、上の小さな盃に巫女がお神酒を三度に分けて注ぎ入れて、新郎が受け取り口にします。

次に同じ盃に巫女が注ぎ新婦が口にし、再びお神酒を注ぎ新郎が同じように口にします。

次に二の杯として中くらいの盃で、新婦から新郎そして新婦の順でお神酒を飲み、

最後に大きな三の盃で新郎・新婦・新郎と繰り返します。

三枚の盃で、それぞれ三回、合わせて九回になるので、三々九度です。

実際には、新郎から新婦と二人が一度ずつ口をつけるだけに省略される場合もあります。

いずれも一つの盃で交互に飲むことは、二人が固い絆を結び一生を共にするという誓いでもあります。

新郎新婦でお酒が飲めない、アルコールに弱いというのであれば、無理に飲む必要はありません。

口をつけて飲むような仕草をするだけで、儀式を進めます。

新郎新婦の三々九度とは別に、「親族固めの盃」の儀式が行われる場合があります。

両家の人たちが親族となることを表す誓いの儀式です。

三々九度とともに、新しく家族・親族になるための誓いと繁栄を願って受け継がれるものなのです。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。