コラム

column

コラム

column

カテゴリ

ペットの冬対策をしましょう

かわいくて、癒しの存在であるペットたち!
近年、様々な種類の動物がペットとして飼われており、また、同じ種類の動物でも原産地によっては性質や飼育環境も多種多様となっています。
寒い冬でも大丈夫な種類の子もいれば、しっかりと寒さから守ってあげないといけない種類の子もいます。
今回は、そんな身近なペットたちの冬対策をいくつかご紹介します。

ペットの冬対策をしましょう

かわいくて、癒しの存在であるペットたち!
近年、様々な種類の動物がペットとして飼われており、また、同じ種類の動物でも原産地によっては性質や飼育環境も多種多様となっています。
寒い冬でも大丈夫な種類の子もいれば、しっかりと寒さから守ってあげないといけない種類の子もいます。
今回は、そんな身近なペットたちの冬対策をいくつかご紹介します。

◆イヌは寒さに強い・・・というわけではない

童謡で、「イヌはよろこび庭駆け回り~」とありますが、すべてのイヌが寒い冬空の下を駆け回るわけではありません。
小型犬や毛の短い短毛種、シングルコート(柔らかい下毛がなく単層の被毛のこと)の種類のイヌは一般的に寒さに強くはありません。
犬種としては、チワワ、ミニチュアピンシャー、パピヨンなどの室内飼い小型犬が代表的です。
対策としては、普段いる室内を快適な環境に整えてあげることです。
エアコンで調節するなら、20~25℃くらいがちょうどです。
乾燥対策として加湿器や濡れタオル、十分な飲み水を確保しましょう。
ホットカーペットも暖かいですが、「暑くなりすぎたときに逃げるスペースがあること」「電気コードをかじられないようにすること」「お留守番のときにつけっぱなしにはしないこと」
など、いくつか注意点があるので気を付けましょう。
最も簡易的な方法は、クレートやケージの下にダンボールを敷き、なおかつクレートの上から毛布を掛けて、専用スペースを作ってあげることです。
この方法だと、室内飼いでも屋外飼いでも簡単に寒さ対策ができます。

なお、寒さに強いイメージのある日本犬(柴犬など)ですが、お腹部分の毛は少なく、下からの冷気には敏感です。
普段過ごす場所や寝床、ケージの中などに毛布を敷いてあげましょう。
寒すぎると、イヌも下痢を起こすことがあります。

◆ネコにはこたつ・・・というわけではない

祖先が砂漠地帯で生活していたこともあり、ネコは基本的に寒さが苦手です。
とくに、ベンガルやシャムといった原種に近い種類のネコや、ほとんど毛のないネコのスフィンクスは寒さに弱いです。
ネコといえばこたつで丸くなっているイメージがありますが、人間が普段使っているこたつでは注意が必要ということはご存じでしょうか?
私たちが普段使うこたつにネコが入り込むと、温度が高すぎて低温やけどをおこす可能性があります。
また、長時間入り込むことによって、酸欠や脱水症状をおこすこともあります。
体格の小さなネコによってはこたつ布団が重くて自力で出られない場合もあるので、隙間を作ってあげましょう(人間は寒いかもしれませんが)。
市販されているネコ用こたつやネコ用ヒーターなら、ヒーターが直接体に当たらないので高温にならず、コードをかじって感電することのないように設計されています。
このように、人間仕様のものではなく、ペットの種類に合わせた器具を使用することも大切です。

◆ウサギにはすきま風対策を!

ウサギは、暑さに比べると寒さには強い動物だといわれています。
ですが、やはり室内飼いをしている場合はとくに寒い冬の対策が必要になります。
ウサギにとっての適温は18~25℃くらいなので、15℃を下回ったり、冬の朝方などは注意しましょう。
エアコンも便利なのですが、どうしても暖かい空気は部屋の上に溜まり、冷たい空気は下に溜まります。
ケージを床に置いている場合は、少し高い位置に置いたり、ダンボールを敷きましょう。
また、ケージの中で過ごすウサギにとっては、すきま風は大敵になります。
自由に動けるスペースが限られてしまうため、冷たい風から逃れたくてもできないのです。
すきま風のこない場所にケージを置いたり、ケージ全体を毛布で覆ってしまうのも手です。

なお、極端な温度差はウサギにとって大きな負担になります。
夜間でウサギのいる部屋にだれもいなくなるときや、日中でもお留守番するときなどは、部屋の温度に十分気を付けましょう。

◆とても寒さに弱いハムスターには?

ハムスターはとても寒さに弱い生き物です。
適温は20~26℃くらいですが、あまりにも寒すぎると野生でなくても冬眠してしまいます。
ケージをダンボールや毛布で覆うのも手ですが、冬場のみ水槽タイプの壁で遮断されたケースに入れてあげる方が、より熱が漏れにくいのでオススメです。
冷気を遮断する際には、換気対策もしっかりとしましょう。
ハムスターは寒さに弱いだけでなく、湿気も苦手だからです。
湿気がこもらないように、かつ、熱が逃げないようにしましょう。
また、寒い地域ではケージの下に市販のハムスター用ヒーターを敷いてあげましょう。

ハムスターもウサギ同様、急激な温度変化に弱いです。
昼夜を問わず、一定の温度環境を整えてあげましょう。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。