コラム

column

コラム

column

カテゴリ

金魚を飼ってみよう!

夏祭りやイベントなどの屋台で、水槽に入れられた金魚をすくう「金魚すくい」。
成功して金魚をすくえたものの、家に帰ってからどうすれば良いのか慌ててしまうこともあるでしょう。
そこで、今回は金魚の飼い方のポイントをご紹介します。
金魚の水槽がひとつあるだけで、お部屋がとっても涼しい雰囲気になりますよ。

金魚すくい

金魚の飼い方

まずはひと休み
金魚を家に持ち帰ったら、すぐに用意した水槽で元気に泳がせてあげたいと思ってしまいがちです。
特に金魚すくいの金魚はものすごいストレスにさらされています。
まずは金魚すくいの網で追い回される。
次に、すくって空気にさらされると、人間で言う窒息状態となります。
そして、持ち帰る時は揺れるので、目が回ってしまいます。
しばらくはゆっくりと休ませてあげることが大切です。
移動のストレスや弱った体力の回復を図るために、トリートメントを行いましょう。
トリートメントとは、バケツなどにたっぷりの0.5%の塩水(水1リットルに対して塩5グラム)を作り、
そこで2週間ほど休ませます。
またストレスなどから消化不良になりやすいので、最初の3日間はエサを与えずにそっとしておきましょう。

金魚

水槽を準備しよう
出来る限り大きな水槽を準備して下さい。
水槽が大きければ大きいほど、金魚にとって快適な環境になります。
金魚を入れる入れ物の設置場所について「日光の当たる場所」や「冷暖房が直接当たる場所」は避けてください。
水道水は塩素が入っているため、カルキ抜きを溶かして塩素を無害化しましょう。
砂利を入れる場合、にごりが取れるまでよく洗い、厚さ2~4cmぐらい入れるのが適当です。

ろ過装置をセットしよう
ろ過装置には水をきれいにする働きと、水中に酸素を供給する働きがあります。
金魚の排せつ物やエサの残りで水が汚れてしまいますので、ろ過装置をセットして金魚が住みやすい水を
維持しましょう。
ろ過装置には様々なタイプがありますが、中にセットされたろ材にろ過バクテリアを発生させることで、
金魚が出すアンモニアを分解することが主な目的です。
そのため、ろ材を頻繁に取り換えたり、水道水で洗ってしまうとろ過効果がなくなってしまいますので
ご注意ください。
春から秋では、2週間に一度を目安に、水温が下がる冬場は月1回程度、水槽の3分の1ぐらいの水を替えます。
加える水は、水槽の水と同じくらいの水温に合わせる必要があります。
水道水の場合、カルキ抜きで塩素を無害化することを忘れてはいけません。

その他、注意点
エサを与える量は5分以内に食べきれる量を基準とし、与えすぎに注意してください。
エサを与える回数は1回でも問題ありませんが、金魚はエサを与える回数が多いほど早く成長します。
金魚の体調などによって食べる量は変化しますので、エサをあげたら金魚の反応を見て、
普段と変わったところがないか確認しましょう。
金魚の体調不良を感じた場合は0.5%の塩水トリートメントを行い、エサをあげるのをやめましょう。
明らかに病気とわかる症状なら、市販薬による薬浴治療をはじめましょう。

これから金魚を飼う人だけでなく、金魚をすでに飼っている方も、意外と知らなかったということが
多かったのではないでしょうか。
金魚の居る素敵な生活を楽しみましょう!

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。