コラム

column

コラム

column

カテゴリ

おいしいコーヒーの淹れ方について

食後の1杯、仕事の合間のひと息、そして仲間との楽しい談話のお供に。
コーヒーは、忙しい私たちの心をホッと落ち着かせてくれ、日々の暮らしになくてはならない存在です。
毎日のブレイクをもっと楽しくするために、よりおいしいコーヒーを淹れるちょっとした工夫を凝らしてみませんか?
この記事では、ソーサーとペーパーフィルターを使ったコーヒーの淹れ方のコツをお伝えします。

コーヒー豆・粉の保存方法

コーヒー豆

コーヒー豆は、高温多湿を避け、直射日光の当たらない場所に保管します。
冷蔵庫に保管している方も多いですが、実は冷蔵庫保存は、あまりオススメできません。

コーヒーには、強い消臭効果があります。
ニオイを吸着する働きにより、冷蔵庫内の食品や調味料のニオイを吸い取ってしまうことになります。
せっかく香りのよいコーヒー豆も、冷蔵庫で保存することで、風味が損なわれる可能性があります。
密閉式の容器に、乾燥材と一緒に保管すれば、湿気が入るのを防げます。

コーヒーを淹れるお湯の温度

コーヒーを淹れるのに最適な温度は、90~95度です。
きっちり測るのは難しいですが、沸騰したお湯を少し冷ましてから入れたり、
電気ポットのお湯を90度に設定したり工夫してみましょう。
沸騰した際のボコボコした気泡が静まったときが、抽出に最適な温度です。

ハンドドリップで味と香りが格段に上がる

コーヒー

「ハンドドリップ」とは、ソーサーにお湯を直接回しかけて淹れる方法です。
微妙な加減ができるため、味と香りをより豊かに仕上げることができます。

初めにコーヒー粉の上に、お湯をそっとのせて全体に染み渡るようにします。
この状態で、20秒ほど置きます。
これは、「蒸らし」の工程で、コーヒー粉のガス抜きの役割となります。

蒸らしの後、お湯は一度に注がず、ゆっくり注いでいきます。
のの字を描くように、注ぐ手を回すようにして淹れましょう。
フィルター側にはお湯をかけず、コーヒー粉の中心で小さく、のの字を描くのがポイントです。
のの字のハンドドリップは、手間がかかりますが、コーヒー豆の間をお湯がゆっくりと満遍なく通るため、
より濃くて風味豊かになります。

フィルターに残ったコーヒー粉の状態

お湯を注ぎ終わった後、フィルター内のコーヒー粉を見てみましょう。
小さな泡が残っているのは、コーヒーの灰汁です。
フィルター内に、この灰汁が出ている状態であれば、下にドリップされたものは、雑味のないスッキリした
味わいになっている証拠です。
コーヒーカップは、あらかじめ少し温めておくと、冷めにくく風味も落ちにくくなります。

温度の見極めやお湯を注ぐときのちょっとした技術を覚えておきましょう。
毎日のコーヒーブレイクがもっと楽しくなるはずです。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。