コラム

column

コラム

column

カテゴリ

インスタ映えする料理写真の撮り方

インスタにアップしようと思い、美味しい料理をスマホで撮影してみたけれど、美味しさが伝わらない、
ときめかないといった残念な写真になってしまうことはありませんか?
彩りよく盛り付けられたスイーツや旬の食材を使った料理は、少しでもきれいに撮りたいものです。
スマートフォンを使って食べ物を撮影する時の小さなコツをおさえると、より素敵な写真が撮影できます。
今回は、そのポイントを紹介します。

美味しそうに料理を撮るコツ

料理を撮影

先ず料理全体を写そうとして、フレームの真ん中にお皿がくるようにして正面から撮影していませんか。
そうすると、平面的な写真になりがちで、全体は分かっても美味しそうなイメージは伝わりにくいです。

そこで、思い切ってお皿の中心から左右どちらかにずれて、お皿に対して斜め45度くらいから
撮影してみてください。
この時に、カメラを近づけるよりも望遠やズームアップの機能を使って、料理の中心となるものに焦点をあてます。

お皿や食事の一部はカットされてしまいますが、主役となる食材が引き立ち、料理の盛り付けの具合や色合いを
くっきりと見せることができます。
ワンプレート料理や丼もの、パンケーキなどにはこの方法がおすすめです。

2つのものを並べて撮るコツ

スマホで撮影

次に2つのものを並べて、撮影したい時のコツです。
ケーキが2つ、グラスとおつまみ、ご飯とお椀といった2つのものがある時には、真横に並べてしまうと、
平凡な印象になります。

日々の献立を紹介する写真なら良いのですが、インスタ映えさせたい時には、2つのものの位置を少しずらします。
写真のフレームを意識して、斜めの対角線上に2つを並べ、奥になるものの一部が手前のもので少し重なるように
配置にしてみてください。
手前のものにピントを合わせると、自然と後ろのものがぼやける感じになって、すっきりと見えつつ、
奥行きを感じる写真が撮れます。

フォトジェニックに見せるコツ

フォトジェニックの撮影

他に、フォトジェニックに見せるコツは、背景や小物を意識することです。
お皿に盛りつけた料理をテーブルに置いて、そのままシャッターを押すのではなく、
一歩引いてお皿の周りを見てください。
背景にティッシュボックスやリモコンなどが写りこむようでは、生活感が出てしまいます。
写真に写る範囲で余分なものは、片付けましょう。

反対に、何もないと寂しい感じになるので、カップやグラスといったものが写り込むようにテーブルに並べてみます。
ランチョンマットやハンカチといったものを敷いて、その上に料理皿をのせる方法も、印象を変えることができます。
撮影のメインは料理ですが、背景や小物も写ることを意識するとより、奥行きだけでなく季節を感じるような
上級な写真を撮ることができます。

スプーンやお箸で食べようとしている瞬間もよいですが、べったりとソースがついているようでは写真を見る人は
食欲が沸きません。
写真になった時に、「美味しそう!」、「食べたい!」、「料理してみたい!」と思えるような仕上がりになるよう、
小さなコツをふまえてインスタ映えする写真を撮ってみてください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。