コラム

column

コラム

column

カテゴリ

本気の雪合戦

競技スポーツの雪合戦があるというのをご存知でしょうか?
雪合戦といえば、雪玉を投げて人に当てる遊び方が有名だと思います。
ただ単に当てるだけ、雪玉を投げるとなぜか楽しい。
飛んでくる雪玉を避けるのも楽しい。
そんな雪合戦ですが、競技スポーツの雪合戦では明確なルールがあり、世界大会もあります。
本気で勝ちを獲る雪合戦について、ちょっと詳しく見てみましょう。

雪合戦の歴史

雪を投げて遊ぶことは、古来より行われていたようです。
日本では平安時代ごろには子供の遊びとして存在していました。
源氏物語にも、「雪ぶつけ」という記述があります。
単純に投げて遊ぶだけのものから、地域独自のルールまで、様々な遊び方が作られていきました。
時代が進み、1988年に雪合戦の公式の国際ルールが完成されました。
これ以降、世界大会が開催されるなど、雪合戦の大会が盛んになりました。

国際ルール

雪合戦はチーム戦です。
1チーム7人で対戦します。他に監督や補欠選手が控えている場合もあります。

雪合戦の国際ルール

36m×10mのコートに、2チームに分かれてそれぞれの陣地に入ります。
コート内には、シャトーといった壁などがあり、陣地内には各チームのフラッグが1本ずつあります。

ルールを簡単に言うと、試合時間(3分)内に、

  • 相手チームのコート内のフラッグを取る
  • 相手チーム全員に雪玉を投げて当てる

この2つのうちどちらかが達成されれば勝ちです。
なお、ノーバウンドの雪玉にあたると「アウト」なので、コートの外に出ないといけません。
雪玉にあたると、チーム人数が減っていってしまうのですね。
制限時間になっても勝敗がつかない場合は、コート内に残っている人数でポイント計算をして、勝敗を決めます。

自身が雪玉に当たらないようにしながら、相手に雪玉を当てつつ、相手陣地にあるフラッグを奪取するというのが
ルールの基本になります。
ただ投げ合うよりもかなり難しく、チームワークが要になるスポーツです。

雪玉についてもルールがある

使用する雪玉にもルールがあります。
大きさは直径6.5~7cmです。
試合1セットに使用できる雪玉は、試合前に作った90個のみとなります。
新たに試合中に作ったり、コートの外から持ち込んだり、壊れたからと言って作り直したりしてはいけません。
雪玉に限りがあるので、慎重に投げないといけません。
確実に相手に当てることはもちろん、90個をチームで分配して使うということも大事です。

チームプレーを楽しもう

ただ雪玉を投げて遊ぶだけでなく、チームプレーならではの楽しみ方があります。
たとえば、「相手に雪玉を投げる選手」や「フラッグを狙う選手」、「味方を援護する選手」など、
役割ごとにプレーするということもできます。
チームプレーならではの戦略の立て方ができるので、それも楽しみのひとつです。
雪玉の数が限られているのも、チームプレーの力の見せどころです。
仲間と一緒に雪合戦で汗を流しましょう!
なお、雪合戦をする際には、防寒対策や防具(ヘルメット等)の準備をしっかりしてから臨んでくださいね。

雪合戦

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップは
お酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。