コラム

column

コラム

column

カテゴリ

風呂敷の粋な使い方~瓶包みをしてみよう~

箱モノを包む以外の風呂敷の使い方って、意外と知られていないんですよね。
丸いものを包めたり、持ち運びに便利なカバンになったり。
運び終わったらサッと畳んで仕舞えるのも風呂敷ならでは。
今回はそんな風呂敷で、日本酒の瓶を包んでみましょう!

風呂敷の基本的な結び方

負荷がかかると解けにくく、いざ解くときにはとても簡単!
それが「真結び(まむすび)」。本結びや固結びとも呼びます。

  • (1)右手の風呂敷をa、
    左手をbとしてスタート!
  • (2)aが下になるように持ちます。
  • (3)上からbに被せます。
  • (4)そのまま結びます。
  • (5)bを手前に曲げます。
  • (6)もう一度、aをbに上から被せて
    結べば完成です。

完成した真結びは、上から見ると一直線になっているのが特徴です。
上から見たときに十字の形になっているものは、真結びではなく「縦結び」といって、別の結び方です。

瓶包みに挑戦

今回は720mlの日本酒瓶を約45㎝四方の風呂敷で包みます。

  • (1)風呂敷の中央に瓶を立てて
    置きます。
  • (2)手前と奥の端を持ち、
    瓶の口上で真結びします。
  • (3)左右の端を瓶の後ろで
    交差させます。
  • (4)左右の端を正面に持ってきたら、
    瓶を寝かせて、正面で真結びを
    します。 
  • (5)瓶口上で結んだ真結びを
    1つだけ解き、ねじっていきます。
  • (6)ねじった先端を真結びすれば、
    持ち手の完成!

結び目はしっかりと結ぶことがコツです。
風呂敷は色も柄もさまざまものがありますので、季節や目的で使い分けできたらいいですね。
季節のお酒と季節柄の風呂敷で御持たせなんてのも粋ですよ。

ちなみに、風呂敷でも紙袋でも、来訪時の手土産として渡す際には、出してから先方にお渡しするのがマナーなので
ご注意くださいね。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。