コラム

column

コラム

column

カテゴリ

球技に使用するボールの大きさと重さ

世界には様々な球技スポーツが存在し、それに使用するボールの大きさや重さも様々です。
今回はプロ競技があるものを中心に、最も大きいボールから最も軽いボールまで見ていきたいと思います。

最も大きいボール

最も大きいボールはバスケットボールです。
一般男子で使われる7号サイズが最大になり、直径は245mm、重量は650gに
なります。
NBAで使用されるサイズはこれより少し小さい6.5号~6.8号と言われています。
ちなみに、バスケットゴールのリング内径は450mmと決まっており、
ここ目がけてシュートするわけですね。

バスケットボール

最も重いボール

最も重いボールはボウリングボールです。
規定で決められている最大の重量は16ポンド(約7.26kg)となっており、
プロの男子選手で使われることが多いです。
直径は最大で218mmと規定で決められています。
ちなみに球技ではないですが、砲丸投げに使用する砲丸も最大重量は16ポンドと決められています。

ボウリングボール

最も小さいボール、最も軽いボール

最も小さいボールはピンポン玉です。こちらは最も軽いボールでもあります。
一般的に卓球で使用されるものは、直径40mm、重量2.67gが最小と決められて
います。
最も軽くて小さいとは言え、プロ男子選手のスマッシュは時速180キロ以上とも
言われています。
2000年のルール改正以前は直径38mmのボールが使われており、空気抵抗が
小さい分、さらにスピードが出ていたそうです。

ピンポン球

その他、プロ競技ではなかったり、そもそも球技ではないもの

プロ競技ではなかったり、そもそも球技ではないものに目を向けると、世界には更に大小様々なボールがあります。

1986年にカナダで生まれたキンボールは、直径1220mmで重量1kgのボールを使用します。
2001年から始まった国際大会も今年で9回目となり、10月末から11月にかけて東京で行われたようです。

サバイバルゲームのエアガンに使用されるBB弾は、小さいものだと直径6mmで重量0.2gになります。
屋外での使用が多いため、現在では環境への配慮から「生分解性プラスチック」という2~3年で土に還る素材が
主流となっています。

19世紀後半のゴム製造の技術革新により、様々な種類のボールとスポーツが生まれました。
今後の技術の発達によっては、想像もしなかったようなボールを使ったスポーツがオリンピック競技になっている
かもしれませんね。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。