コラム

column

コラム

column

カテゴリ

アイスクリームの簡単アレンジレシピ4つ

子供も大人も好きなアイスクリーム。
大きなサイズのアイスクリームを冷凍庫に常備しておけば、好きな時に少量でも食べることができます。
ですが、ホームサイズの大きなものは、味に飽きてしまうこともあります。
そのようなときに役立つアイスクリームの簡単アレンジレシピを紹介します。

イチゴとアイスクリームのアレンジレシピ

ストロベリーアイス

イチゴを使って、アイスクリームをアレンジします。
用意するものは、アイスクリームとイチゴだけです。
アイスクリームを器に盛りつけたら、イチゴを飾るだけです。
これだけでも良いですが、冷凍したイチゴを細かく刻み、
アイスクリームと混ぜてから再び冷凍庫で10分くらい置けば、ストロベリーアイスに早変わりです。
冷凍されているブルーベリーやマンゴーでも同じようなアレンジができます。

小腹も満たすアイスサンド

アイスサンド

少し手をかけて、小腹も満たしてくれるアイスサンドも簡単に作ることができます。
アイスクリームを冷凍庫から出し、少しやわらかくします。
クッキーやビスケットをラップの上に置いて、そこにアイスクリームを厚めに盛りつけます。
平らになるように表面を整えたら、もう1枚クッキーをのせてサンドします。
それをラップで包み、冷凍庫で30分ほどおけば、アイスサンドにアレンジできます。
このアレンジレシピで使うクッキーやビスケットは甘すぎず、少し塩気を感じるものの方が、
アイスクリームとの相性がよいです。

大人向けのアレンジにアフォガート

アフォガート

大人向けのアレンジレシピでオススメなのは、アフォガートです。
アイスクリームにコーヒーを添えたもので、イタリアの手軽なデザートになります。
本格的な味わいにするのであれば、アイスクリームにエスプレッソをかけていただきます。
子供向きには、アイスコーヒーに少しシロップを加えてアイスクリームをのせれば、コーヒーフロートになります。
食後のデザートにもなり、アルコールを飲んだ締めに甘いものが欲しいときにもオススメです。
意外な組み合わせかもしれませんが、アイスクリームにインスタントコーヒーの顆粒を少しふりかけるだけでも、
コーヒーアイスになります。
甘すぎると感じるようなアイスクリームには、コーヒーの苦みがよく合います。

アイスクリームとパンでフレンチトースト風に

フレンチトースト

アイスクリームを食事になるメニューにアレンジすることもできます。
アイスクリームをボウルに入れて、溶かしてしまいます。
そこにバケットなどの固めなパンを3センチくらいの厚さに切り、溶かしたアイス液をよく染み込ませます。
フライパンにバターを溶かして、アイス液を染み込こませたパンの両面を焼けば、フレンチトースト風になります。
アイスクリームの原料は、牛乳・卵・砂糖などで、フレンチトーストの材料と重なります。
それを活かして、甘めのフレンチトーストが作れます。
よく染み込ませて、表面をカリッと焼き上げると、中はとろりとした食感にもなります。
お好みでシナモンやハチミツをかけて食べてみてください。

アイスクリームは、アレンジも自在にできて、おやつにもおもてなしのデザートにもなり、
ちょっとした幸せな時間を過ごせます。
この夏は、アイスクリームを常備してみてはいかがでしょうか。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。