コラム

column

コラム

column

カテゴリ

体に嬉しい栄養が豊富!かんきつ類のパワーを紹介!

かんきつ類の果物は、よく食べていますか?
「かんきつ」というと、酸っぱいフルーツをイメージする人も多いかと思いますが、かんきつ類といわれるものは、
体に嬉しい栄養もあって、日本産の種類も多く、夏にもおすすめの果実です。
今回は、そんなかんきつ類のパワーについて紹介します。

かんきつ類とは?

みかん

「かんきつ類」といわれるものは、ミカン科に属するものです。
ミカンはもちろん、レモン、ユズ、グレープフルーツといった「甘酸っぱい味」、「さわやかな香り」として
親しまれているものが多い果実です。
皮の中には、薄い皮で包まれた房が並んでいて、ミカンのように簡単に皮をむいて食べられるものから、
包丁を使って皮をむいたり、果汁だけを使ったりするものもあります。

かんきつ類のメリットは?

女性の顔

かんきつ類で注目したいのは、栄養効果です。
酸っぱくて皮をむくのが面倒だからと、あまり食べていない人は、よく食べている人よりも見た目の年齢が
上にみられるというアンケート結果があります。
かんきつ類には、肌の弾力や、コラーゲンの生成を促進してくれるビタミンCがたっぷりと含まれています。

また、「ヘスペリジン」といわれる毛細血管の強化や血流をよくする働きのある成分が含まれています。
特に、ミカンの薄い皮についているスジの部分には、豊富に含まれているので、取り除かずに食べることが
おすすめです。

香りに注目すると、ユズやカボスなどのかんきつ類は、魚料理に添えられることが多く、
魚のくさみを抑えてくれる効果があります。
アロマオイルで「シトラス」という名前がついているものは、かんきつ類から抽出したオイルです。
甘酸っぱくさわやかさのある香りは、脳をリラックスさせてくれ、落ち着いた気持ちにしてくれます。

かんきつ類をもっとおいしく食べるには?

柑橘類のドリンク

このようなかんきつ類をもっと食生活に取り入れるためには、果実そのものを食べるのはもちろんですが、
サラダの具材、マーマレードやジャムをヨーグルトにトッピング、柑橘のゼリーなどのスイーツにして食べることでも手軽に口にできます。

アルコールが好きな方なら、ライムやレモンを使ったカクテルでリラックス気分になれます。
暑い季節には、冷やした日本酒を氷の入ったグラスに注いで、そこにライムなどを一搾りすると、
さわやかに飲むこともできます。

また、健康に良いとはいえ、かんきつ類自体が苦手な方もいると思われます。
そんな方には、ホウレン草や完熟バナナ、かんきつ類を使用したグリーンスムージーがおすすめです。
癖の少ない葉野菜や、完熟バナナを使用することにより、マイルドな味わいの飲みやすい味になります。

かんきつというと、ミカンの秋や冬をイメージしますが、夏ミカン・ブンタンなどは、夏こそ美味しい果実です。
ぜひ食べて、美容と健康にも役立ててください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。