コラム

column

コラム

column

カテゴリ

日本酒に合う豚肉を使った簡単レシピ3品

疲労回復にも効果的なビタミンB1をたっぷり含んでいる豚肉。
価格もお手頃で、料理のバリエーションも広く、家庭料理に登場する回数も多いことと思います。
その豚肉をメインに、簡単に作ることができて日本酒をあわせたくなる豚肉料理のレシピを3品紹介します。

野菜たっぷり豚の蒸ししゃぶ

野菜たっぷり豚の蒸ししゃぶ

【材料】(2人分)
・豚しゃぶしゃぶ用薄切り肉:200g
・キャベツや白菜など葉物野菜:5枚程度
・ニンジン、エノキ:適量
・酒:50cc
・塩、コショウ
・お好みのタレ(ポン酢やゴマダレなど)

【作り方】

  • 豚肉に塩、コショウを少々ふっておく。
    キャベツや白菜は2~3㎝幅に切る。
    ニンジンは薄くスライスして2~3㎝幅に、エノキは房を外してほぐしておく。
  • フライパンに野菜をすべて入れて塩を少々ふり、その上に豚肉を広げてのせる。
    その上から酒を全体に回しかけて蓋をし、中火にかけて5~6分ほど蒸し焼きにする。
  • 豚肉に熱が入って色が変わったらできあがり。

大根おろしにポン酢をあわせたものやゴマダレがおすすめです。
ホットプレートでもできるので、家族や友人と楽しみながら食べられます。
野菜には、モヤシ、ほうれん草などもおすすめです。
こちらの料理に合うのは、キリリと冷やした生酒(なまざけ)です。
火入れをしていない生酒のフレッシュさが、あっさりとした蒸ししゃぶにピッタリ!

豚バラねぎま串

豚バラねぎま串

【材料】2人分
・豚バラブロック:300g
・長ネギ:1本
・塩、コショウ

【作り方】

  • 豚バラ肉を幅3㎝、厚さ1㎝に切り、肉たたきでたたく。
    長ネギは、たたいた豚肉と同じくらいの幅に切っておく。
  • 竹串に豚肉と長ネギを交互にさして、両面に塩コショウを強めにふる。
  • 魚焼きグリルを温めておき、中火で両面を焼く。
    フライパンで焼く場合は、蓋をして蒸し焼きにするようにして、豚肉から出てくる油はキッチンペーパーで
    拭き取りながら、こんがりと焼き上げる。

居酒屋メニューの串焼きも、家庭で作ることができます。
長ネギの代わりに玉ねぎでも、豚の美味しい脂がなじみます。
こちらの料理に合うのは、純米酒系の日本酒です。
当蔵のお酒では、食中酒にぴったりの純米吟醸酒魂や、純米大吟醸備前雄町100%などがおすすめです。
ガッツリとおなかも心も満たされる組み合わせです。
柚子コショウや和からしを添えると、さらにお酒もすすみます。

豚と玉子のこってり煮

豚と玉子のこってり煮

【材料】2人分
・豚ロース とんかつ用肉:2枚
・ゆで玉子:2個
・ニンニク、ショウガ:各1片
・砂糖、しょうゆ:各大さじ2
・水、酒:各1/2カップ

【作り方】

  • 豚肉は、大き目の一口サイズに切っておく。
    ゆで玉子は、殻をむいておく。
  • 鍋に荒く切ったニンニク、ショウガと豚肉をいれて、豚肉の表面に焼き色をつける。
    そこに砂糖、しょうゆ、水、酒を入れて火にかける。
    煮たってきたら火を弱めて、アルミホイルで落としぶたをして15分ほど煮る。
  • ゆで玉子をくわえて、さらに10分、時々全体を混ぜて煮る。

手間がかかりそうな角煮もとんかつ用肉で簡単にできます。
バラブロック肉を使っても美味しいですが、脂分が多いので、バラブロック肉の場合は焼く前に熱湯でさっと下茹で
してください。
煮汁をしっかりと含ませれば、お弁当のおかずにもなります。
こちらの料理に合うのは、濃いめのお酒・山廃仕込(やまはいじこみ)のお酒です。
当蔵のお酒では、純米吟醸CLASSIC(クラシック)がおすすめです。
山廃仕込のお酒は濃淳な味わいが特徴です。
こってりとした一品にはピッタリです。

簡単な味付けでも美味しい豚肉料理です。
日本酒も用意して、より美味しく味わってください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。