コラム

column

コラム

column

カテゴリ

お雑煮と地域性

新年最初に食べるものと言えば、お雑煮とおせち料理ですよね。
皆さんのご家庭のお雑煮は何味で、何が入っていましたか?
今回はお雑煮の起源と各地方のお雑煮の特徴を見ていきたいと思います。

お雑煮の起源

「雑煮」という言葉は、“様々な食材を雑ぜて煮る”ことが語源と言われています。
そして、お餅を主材料にしたスタイルは江戸時代以降に一般庶民の間で定着したようです。
歳神様にお供えした農産物やお餅を、元日にお下がりとして一緒に煮て食べ、一年の無事を祈願したことが始まりと
言われています。
古い歴史を持つお雑煮は、各地方の食文化や家庭の味を長く継承してきたので、多様性に満ちた料理の一つとなって
います。

お雑煮

北海道のお雑煮

北海道は明治以降、様々な地域から人々が移住してきたので、それぞれの故郷の味が入り乱れています。
基本的には鶏ガラと醤油の出汁に焼いた角餅を入れるようです。
蒸しカマボコの一種の「つと」を入れたり、山菜や海産物を入れる家庭もあるようです。

東北のお雑煮

東北のお雑煮は基本的に関東と同じで、醤油のすまし汁に焼いた角餅を入れて作られます。
岩手県ではお雑煮から餅を引き上げ、別皿で用意した「くるみダレ」に付ける食べ方が有名です。
また、山形県の一部地域では丸餅を入れることもあるようです。

関東のお雑煮

関東のお雑煮は、醤油のすまし汁に焼いた角餅を入れて作られます。
東京都では鶏肉と蒲鉾に、小松菜などの青菜を入れたシンプルなものが多いようです。
武家社会が強かった江戸では、「菜」と「鶏」をかけた「名取り」から、「敵将の首を取って名をあげるように」と
思いを込めていたようです。

北陸・中部のお雑煮

北陸・中部のお雑煮も、基本的には焼いた角餅に醤油のすまし汁ですが、福井県では味噌(赤や合わせ)を入れて
作ることが多いようです。
新潟県では鮭やイクラを入れて具沢山にすることがあります。
長野県では富山湾の塩ブリを入れて豪勢に仕上げる地域もあるようです。

お雑煮

関西のお雑煮

関西のお雑煮は、「円満に暮らせるように」との意味が込められた、煮た丸餅を入れた白味噌仕立てがよく食べられ
ます。
頭芋を入れることが多く、これは「人の上に立つ、頭になって過ごせるように」と出世の意味が込められているよう
です。
奈良県ではお雑煮から取り出した餅を、きな粉に付けて安倍川餅のようにして食べることもあります。

中国・四国のお雑煮

中国・四国のお雑煮のほとんどが煮た丸餅を使いますが、醤油すまし汁と白味噌仕立てが混在しています。
鳥取県では甘い小豆の汁に餅を入れた、いわゆるお汁粉をお雑煮として食べる地域もあるようです。
香川県では白味噌ベースの出汁に、あん餅を入れる特徴的なお雑煮もあるようです。

九州・沖縄のお雑煮

九州のお雑煮は、醤油のすまし汁に煮た丸餅を入れて作られます。
福岡県では、焼きアゴで取った出汁にカツオ菜や塩ブリを入れた博多雑煮が有名です。
沖縄県では元々お雑煮を食べる習慣がなく、豚もつを使った鰹出汁の「中身汁」や白味噌仕立てで具沢山の
「イナムドゥチ」等を食べるようです。

いつもとは違うお雑煮を食べ、一味違ったお正月を味わうのも面白いですよ。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。