コラム

column

コラム

column

カテゴリ

湯葉って何?簡単にできる?湯葉の作り方

湯葉(ゆば)は大豆由来の食品なので栄養価が高く、健康に良いのはわかっているけれど
作り方や種類についてはよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では湯葉の種類から美味しい食べ方まで詳しく解説します。

湯葉とは?

湯葉とは大豆の加工食品の1つで、豆乳を加熱した時にできる薄い膜のことを言います。

黄色くてシワがあるため姥(うば)がなまって湯葉と名付けられたとされる俗説が山東京伝(さんとうきょうでん)の「骨董集」(こっとうしゅう)に記され、一説には1200年前に最澄が中国から仏教・茶・湯葉を比叡山延暦寺に持ち帰ったのが起源と言われているのです。

東日本では日光、西日本では京都が名産地として知られます。

湯葉の栄養成分とその効果について

文部科学省の食品成分データベースによりますと、湯葉の100gあたりの栄養成分は次の通りです。

カロリーが低めで人間の筋肉、内臓、血液、髪の毛などを作る効果がある、たんぱく質が多く含まれているのが特徴的です。

また、ダイエットをしている方が気にする糖質ですが、糖質が含まれている炭水化物の数値が低いため健康的にやせたい方にはおすすめの食品だと言えるでしょう。

参考:文部科学省 食品成分データベース「湯葉」
https://fooddb.mext.go.jp/result/result_top.pl?USER_ID=13231

湯葉の種類と美味しい食べ方

➀生湯葉
引き上げ湯葉と汲み上げ湯葉の2種類があり、引き上げ湯葉は加熱した豆乳の表面に張った膜を竹串などで引き上げて乾燥させない湯葉、汲み上げ湯葉は豆乳が固まる前のとろりとした状態のものを汲み上げた湯葉を指します。

そのまま生でワサビ醤油をつけ、お刺身として食べるのがよいでしょう。

➁干し湯葉
干し湯葉の種類と食べ方を表にまとめてみました。

湯葉はシンプルな味わいなので、さまざまなアレンジレシピを試してみるのも良いでしょう。

まとめ


湯葉は中国から伝来した栄養価の高い食品で、淡泊で癖のない味わいのためさまざまなレシピに工夫できることがわかりました。

健康的な食生活やダイエットにも適しているので、ぜひ気軽に湯葉を取り入れてみてください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。