コラム

column

コラム

column

カテゴリ

酒蕎麦って何?お酒と蕎麦の関係を解説

日本酒と蕎麦は昔から切っても切れない関係とされ、日本酒党の中には粋にお蕎麦屋さんで飲むのを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

この記事では「酒蕎麦」とセットにして語られる日本酒と蕎麦の美味しい関係を解説します。

酒蕎麦とは「出会いもの」

酒蕎麦とは日本料理の世界で言う「出会いもの」で、同じ季節に出る旬の食材で相性の良い組み合わせの1つとされます。

出会いものの中でお酒と食材との組み合わせとして有名なのは他にビールと鮎の塩焼きがありますが、酒蕎麦の方が日本の食材同士の組み合わせである分、より日本文化に根付いていると言えるでしょう。

蕎麦屋で飲む日本酒のことを「蕎麦前」と言い、この習慣は江戸時代に始まりました。

新蕎麦や年越しの季節などに「蕎麦振舞い」という蕎麦を振舞う行事があり、その行事作法が「蕎麦前」(蕎麦ができあがるまでに「ぬき」を肴に日本酒を飲むこと)→「蕎麦」→「中割」(軽い肴とともに少し日本酒を飲む)→「蕎麦」→「箸洗い」(締めの日本酒を飲む)→「蕎麦湯」という順番で行われたのが由来とされます。

江戸時代に蕎麦を振舞う時には注文を受けてから蕎麦を切り始めるため、完成までに時間がかかりました。

そのため「蕎麦前」で蕎麦を抜いた「ぬき」をつまみに(例えば「天ぬき」なら天ぷらのみ)日本酒を飲んで蕎麦が出来上がるのを待つという流れができたのです。

蕎麦前で飲む日本酒の種類は江戸時代には「上酒」と呼ばれ質の良いものが出されていましたが、現在では夏は冷酒、冬は熱燗にして季節感を出すこと、食材の価格に応じた日本酒を出すことなどが心がけられているようです。

また今でも「ぬき」以外に蕎麦の出汁を活かした出汁巻き卵、蕎麦に乗せる具を活かした板わさ、のり、油揚げなどのおつまみを出す習慣が残っています。

酒蕎麦はこのように食文化として価値の高いものですが、栄養学の観点から分析すると二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドやアルコールの分解を助けるパントテン酸やナイアシン、肝臓に脂肪が貯まるのを防ぐコリンが蕎麦に含まれるため、健康を意識して日本酒を楽しみたい方にもおすすめの組み合わせです。

また蕎麦屋に長居をするのは粋ではないとする考え方も、飲み過ぎを防ぐのに一役買っています。

「出会いもの」としての酒蕎麦は日本酒と蕎麦を美味しくいただけるだけではなく、身体にも優しい素晴らしい組み合わせと言えるのではないでしょうか。

まとめ

酒蕎麦は江戸時代から伝統的に続く素晴らしい「出会いもの」としての価値と栄養学的な価値の両方を併せ持つ素晴らしい組み合わせであることがわかりました。

長く美味しく日本酒を飲み続けるためにも、ぜひ粋な「酒蕎麦」を楽しんでみてください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。