コラム

column

コラム

column

カテゴリ

各地のご当地おでん

寒い時期の定番料理の一つ「おでん」。
寒い時期におでんを肴に熱燗を飲むなんて最高ですよね。
だしや味付け、具などに地域の名産を使ったご当地ならではのおでんが全国各地にあります。
今回は各地のご当地おでんを紹介していきます。

・札幌風おでん

昆布ベースのだしにホタテ貝などの貝類やタラの白子などの魚介類、ふきやワラビなどの山菜類が入るのが特徴です。
通称「マフラー」と言われる四角く長いさつま揚げを入れる地域、生姜入りの味噌だれで食べる室蘭風おでんもあります。

・青森風おでん

薄くて大きな「大角天」と呼ばれるさつま揚げ、「ねまがりだけ」という細長い竹の子、ホタテ貝などが入った山海の幸のバランスがとれたおでんです。
煮切りした日本酒に津軽味噌(赤味噌)とみりん、だし汁を混ぜて煮立て、仕上げに生の生姜をおろして混ぜた生姜味噌だれを付けて食べます。

・東京風おでん

濃口しょうゆとかつおぶしで、だしをとった昔ながらのおでんです。
練りものの「はんぺん」「スジ」「つみれ」、小麦粉で作られたもっちりとした食感の「ちくわぶ」が入るのが特徴です。
「スジ」とは、魚のすり身にサメなどの魚の軟骨を入れたもので牛すじではありません。

・静岡おでん

「黒はんぺん」「なると巻」「牛すじ」「豚もつ」などの串に刺した具を牛すじからとっただしに、濃口しょうゆを使った黒いつゆで煮込んだものです。
だし粉(いわしの煮干しを粉にしたもの)や青のりをふりかけて食べるのが伝統的なスタイルです。

・味噌おでん

愛知県を中心に食べられている八丁味噌を使っただしで「牛すじ」「豚もつ」「角麩」「大根」などを真っ黒になるまで煮込む個性派のおでんです。
名古屋市内のおでん屋や居酒屋を中心に供されています。

・京都風おでん

昆布と淡口しょうゆのつゆで、ほんのりとした味付けに仕上げた、淡い色合いのおでんです。
「豆腐」「ひろうす(がんもどき)」「湯葉」などの豆腐類、「聖護院大根」「海老芋」などの京野菜を入れるのが特徴です。

・大阪風関東煮

かつおと昆布でだしをとり、調味料を入れて沸騰させずに煮込みます。
「牛すじ」「たこ」が入っているのが特徴です。
かつては「コロ(クジラの皮)」「さえずり(クジラの舌)」が定番の具でした。

・高松風おでん

2種類の味噌だれ(赤味噌と砂糖などで作るたれと白味噌とからしなどで作るたれ)を付けて食べます。
串に刺すスタイルは静岡おでんと共通しています。

・福岡風おでん

だしは合わせだしに牛すじを加えたコクのある味わいです。
だしはほかの地域よりも甘みが強いのが特徴です。
博多では魚のすり身で餃子を巻いた「餃子巻き」が名物で、小倉では餅入り巾着にキャベツが入っています。

・沖縄風おでん

かつおぶしベースのだしに「テビチ(豚足)」を加えたコクのある味わいが特徴です。
具には「ソーキ(豚のあばら肉)」「ソーセージ」「青菜」が欠かせません。
おでんに付ける薬味といえば「からし」ですが、沖縄では「マスタード」を付ける場合もあります。
各地方を訪れた際は、その地域ならではのおでんを食べてみるのも面白いかもしれませんね。

◆豆知識

今回は、だし割りという飲み方をご紹介します。
だし割りとは、日本酒を「おでんの汁」で割って飲む飲み方です。
日本酒「1」に対して、だしが「2」という割合がおすすめの割合です。
簡単にできるので、是非ためしてみてはいかがでしょうか。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。