コラム

column

コラム

column

カテゴリ

土鍋の手入れの仕方

肌寒さを感じる季節には、鍋料理で温まりたいですよね。鍋料理に欠かせない鍋はどんなものを使っていますか? 
IHヒーターに対応した鍋も売られていますが、素朴な風合いの土鍋は具材の見栄えも良く、保温性も高いです。土鍋は、手入れをきちんとすれば長く使えて、炊飯などにも使える優れた調理道具です。この土鍋の手入れ方法を紹介しましょう。

土鍋をはじめて使う時には目止めを。

土鍋を購入して初めて使う時には、「目止め」という作業が必要です。
粘土を成形して焼いている土鍋は、キメがやや粗く小さなヒビがあります。
このヒビに出汁などが入り込み、鍋を洗ってもにおいが染みついてしまう原因にもなります。
そうならないために、こまかなヒビを埋めてしまう目止めが必要です。
土鍋の中に、米のとぎ汁を9分目くらいまで入れて中火にかけて10分ほど沸騰させたら火を止めます。
冷めるまでそのまま置いたら、中のとぎ汁を捨てて水洗いしたら目止めの完了です。
とぎ汁の代わりに、たっぷりの水に小麦粉か片栗粉を大さじ2杯入れたものでも良いです。
とぎ汁や小麦粉、片栗粉のでんぷん質が糊のようになってヒビに入り込み、
においの染み込みや水漏れを防いでくれます。

鍋料理を味わった後の普段の手入れ方法

鍋料理を味わった後の普段の手入れ方法は、

鍋が冷めてから洗うことと、
ゴシゴシこすらないことの
2点がポイントです。

土鍋は急激な温度差があると、割れてしまう原因になります。
鍋料理で温まった鍋が冷めてから、水で洗いましょう。
食器用洗剤は使って構いませんが、長時間漬けておくとにおいが
鍋につくこともあるので気を付けてください。
焦げを落とすために、タワシや表面が荒くかたいスポンジを使うと、
土鍋の表面が傷つき劣化が進みます。
焦げてしまった場合は、水を入れて弱火にかけ沸騰させると、鍋の内側の焦げがはがれます。
しつこい汚れや焦げがある場合は、
土鍋に8分目くらいの水と重曹を小さじ1杯ほどいれて、
弱火で10分ほど煮立てる方法も試してください。

鍋の縁などについた汚れや焦げは、ペットボトルの蓋の口部分を使ってそぎ落とすのもおすすめです。

洗った土鍋は、よく乾燥させてから保管をしましょう。
土鍋の内側も外側もきれいに洗って水気を布巾で拭き取っていても、
保水された水分が残っている可能性があります。
その状態で長期間保管してしまうと、カビが発生してしまうかもしれません。
土鍋は洗ったら、風通しの良い場所に伏せて置いて、しっかりと乾燥させてください。

久しぶりに使おうと思った土鍋にカビが発生していたら、土鍋に水をいれて、
大さじ3杯くらいの酢を加えて弱火で10分ほど煮たてることで、カビが除去できます。

酢を煮たてた後は、酢のにおいがついているので、再度水を入れて沸かすようにすると安心して使えます。

土鍋は鍋料理の他にも、お米や玄米を炊くのにも重宝します。
日ごろの手入れは難しくありません。
優しく扱って、お気に入りの土鍋を長く愛用してください。

玉乃光酒造

玉乃光酒造オンラインショップはお酒の販売を目的にしており、
20歳以上の方を対象としています。

お客様は、20歳以上ですか?

※未成年の方とこのデバイスを共同利用している場合は、チェックを入れないようお願いいたします。